各種産業用モーター及び EV 各種自動車向けモーター部品の加熱工程に高周波焼嵌装置が最適!!

担当者画像

◆はじめまして。@高周波誘導加熱装置.web HP担当の松本吉史です。

●弊社は産業用製造事業者向けの主に金属の「加熱装置屋」です。

高周波焼き嵌め装置導入を検討される際にどうすれば良いか?どの様な物が不向き?見積もりまでの進め方・・等
まずは本ページ下記まで一読いただき、詳細は TEL・FAX・メールにて問い合わせ下さい



■各種モーター組立部品用 高周波焼き嵌め参考写真

↑事前に加熱したいワークを提出いただければ、様々な被加熱ワークに対応可
※適用範囲は仕様、予算等により上限があり!



まず、焼き嵌めとは:
主に金属の膨張特性を活かして、少し小さい寸法に加工したメス(凹)側を、オス(凸)の外寸を上回るまで加熱膨張させ、冷めないうちにオスを挿入し接続する方法。モーターシャフトや各種ベアリング挿入、切削工具・・等に利用され、高精度かつ強力な接続を要する部品接続に利用される。


このページに訪問された方は高周波焼き嵌め装置に興味を持たれたからだと思います。
各種モーターの組立工程にはワークを加熱して部品組立を行う「焼きバメ(インサート)」という工程がございます。
モーターの焼きバメに炉加熱を熱源にされている会社は多いかと思いますが、下記の様な問題点があるのではないでしょうか?

・従来は炉加熱で作業していたが、リードタイムを短縮しようとすると一度に多くのワークを加熱する必要があり装置が大きくなる!のは避けたい!!(装置の省スペース化)

・作業効率化、ランニングコストの低減、作業者の暑さによる負担軽減をお考えの方

・焼き嵌めの手直しが困難で製品をダメにする可能性大!・・など


これらの問題点を解決するのに高周波誘導加熱を熱源とする高周波焼きバメ装置は向いており、このモーター組立工程との相性が良いです。(下記参照)



ここで弊社高周波焼き嵌め装置の長所は(問題点解決方法は)

■従来の熱源装置から大幅な装置の省スペース化が図れ、作業効率化も・・

■従来熱源からリードタイムの大幅短縮が可能! 更に作業者の暑さによる負担軽減も!

■多品種に対応する加熱プログラム及び加熱コイル交換もワンタッチで!

■焼きバメの手直し(ワーク再加熱)も容易。

■装置の省力化(ランニングコスト削減 等)が可能

■自動機への装置組み込みが容易!

■ワーク1点ごとに加熱条件等のデータ成績管理が可能(オプション)

■アルミハウジング等 非鉄金属の加熱を得意とし実績多数!


などです。
具体的に下記にて説明致します。






■従来の熱源装置から大幅な装置の省スペース化が図れ、作業効率化も・・


汎用型モーター部品高周波焼嵌装置

↑汎用型モーター部品の高周波焼嵌装置

従来の加熱方法等(連続炉 等)から加熱方法を変更する場合、大幅な装置の省スペース化が実現可能です。
詳細仕様によりどの程度省スペース化が図れるか!?大きく異なりますが、目安として約1/2~1/10くらいまで省スペース化した実例がございます。

弊社高周波焼き嵌め装置の特徴として、省スペースな装置の特性を活かしキャスター&アジャスターにより、容易に設置レイアウトの変更が可能です。

よって、装置レイアウトの自由度が増す事から、様々な作業効率化を図りやすくなります。





■従来熱源からリードタイムの大幅短縮が可能!更に作業者の暑さによる負担軽減も!

高周波誘導加熱を熱源とする高周波焼嵌装置は、ガス加熱、バッチ炉・・・等から大幅なリードタイム短縮が可能です。
簡単に説明しますと、ガス、炉加熱(バッチ炉等)は周囲を加熱させて温度上昇する「輻射加熱」であり無駄が多い分加熱時間を要します。

一方、高周波誘導加熱はワーク(金属等)の自己発熱を促す「直接加熱」であり、必要な部分のみ加熱させる「局部加熱」を得意とし、無駄が少なく加熱効率良く「急速高温」でのリードタイムの短縮が可能なのです。
この事は作業者の暑さの負担軽減にも繋がり、場合によっては空調に効いた場所での作業が可能になります。

尚、ガス、炉加熱でモーター部品の焼き嵌めが可能な場合、高周波誘導加熱で焼き嵌めさせる方法に変換する事でリードタイム短縮を実現出来る可能性が高いです。






■多品種に対応する加熱プログラム及び加熱コイル交換もワンタッチで!

多品種のワークに対応させるには、ワークごとの加熱条件を保存させる事が必要です。それは、操作タッチパネルを搭載している機種の「加熱チャート」で対応可能です。
PIHシリーズで10種類、OETシリーズで50種類まで記憶保存が可能(標準装備)です。
又、自動機で加熱条件の変更(自動運転選択No)を自動機制御盤から変更する事も可能です。(オプション)


タッチパネル 自動運転画面

   ↑タッチパネル プログラム運転(自動運転)画面
画面左中央1~3段階の設定欄が「加熱チャート」
上段:出力 下段:時間
※上記画面の様に指定による画面カスタマイズが可能

タッチパネル 手動運転画面

       ↑タッチパネル 手動運転画面




ワンタッチクランプ

↑加熱コイルの脱着を容易にする「ワンタッチクランプ」

従来の加熱コイル交換はスパナ等工具が必要で非常に面倒でした。
それをレバー式のクランプにする事で工具いらずで簡単に加熱コイルの交換が出来ます。

もちろん水冷配管脱着もワンタッチカプラーです。





■焼きバメの手直し(ワーク再加熱)も容易。

焼きバメの手直しは装置仕様が上記写真の様な汎用装置となりますが、昇温速度の特性を活かし、それ程リードタイムをロスする事無く作業が可能です。
ガス、炉加熱(バッチ炉等)の場合、昇温時間が掛かる分、オス(凸)とメス(凹)ワークとの温度差を生じさせにくく、再加熱による手直しが非常に困難になる場合がございます。






■装置の省力化(ランニングコスト削減 等)が可能

上記「■従来の熱源装置から大幅な装置の省スペース化が図れる」でも説明しましたが、高周波誘導加熱装置は必要の部分のみ加熱させる事が出来る「局部加熱」を得意とし、急速昇温させる特性である事から、無駄なエネルギーを使わず、ガスと比べ、ランニングコストが約1/3以下になった事例もございます。

又、これまで圧入でおこなっていた作業をこの加熱工程を加えた事で、圧入装置の小型化を実現し省力化した実例もございました。





■自動機への装置組み込みが容易!

↑高周波誘導加熱装置
自動機への組み込み参考写真
※上記仕様の高周波操作パネルは移設仕様ではございません

高周波誘導加熱は電気による制御である為、搬送装置等 自動機への組み込みが容易です。
お客様指定により、操作タッチパネルを操作盤付近への移設も可能です。
※お客様と装置仕様詳細打合せが必要です。





■ワーク1点ごとに加熱条件等の成績データ管理が可能(オプション)

↑データーロガーにより加熱出力、加熱時間・・等
の各データ取りが可能

お客様から要望があれば各ワークごとに焼きバメ条件の成績データ管理が可能です。
高周波焼嵌装置に追加でデーターロガーを搭載する事により、生産時の不良の原因を特定するデータを保存する事が可能です。
※お客様と装置仕様詳細打合せが必要です。





■アルミハウジング等 非鉄金属の加熱を得意とし実績多数!

↑自動車向け駆動モーターアルミハウジング
高周波焼嵌装置参考写真

高周波誘導加熱装置の約8割は高周波焼き入れを代表例とする鋼材の熱処理に利用されます。
多くのメーカーは鋼材を加熱させる事は容易ですが、非鉄金属は回路設計等に独自のノウハウが必要で、弊社はこの非鉄金属の加熱(アルミ等)に対し強みを持ち多くの実績が御座います。他社に比べ省エネ・省スペース化に貢献出来ると自負しております。





●問い合わせ→見積もり→オーダー→納品までの進め方

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当サイトをご覧いただき問い合わせを希望の方は下記をクリック願います。

又、お互い円滑に進められる様、お問い合わせからオーダーを受け製作・納品に至るまでの流れをまとめました。

1:お問い合わせフォーム・TELにてお問い合わせいただく。
  (電話での問い合わせの場合は
チェックシートを用意しているので、事前にチェックいただきお問い合わせ下さい
   →そのほうがスムーズに打ち合わせ出来ますのでご協力願います。)

2:内容を把握し、ご要望に応えられると判断した案件に対しテストピースを弊社へ発送していただく。

3:弊社で事前加熱テスト。指定の加熱温度、加熱タクト、作業性をシミュレーション。

4:弊社でお客様立ち会いのもと、加熱テストを行い、詳細仕様を打ち合わせ後お見積もり

5:オーダー確認後、弊社で装置仕様書(承認図)を作成しお客様の承認次第、製作開始。

6:装置が完成しましたら、弊社にてお客様装置立ち会い確認いただく。

7:お客様装置立ち会いにて装置了承いただきましたら納品。


おおまかな流れはこの様になります。
その他詳細を聞きたい方は


メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。






当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。

このページの先頭へ