販売品 量産品 各種超硬&ダイヤモンドチップのロウ付けには!!

担当者画像

◆はじめまして。@高周波誘導加熱装置.web HP担当の松本吉史です。

●弊社は産業用製造事業者向けの主に金属の「加熱装置屋」です。

高周波ロー付け装置導入を検討される際にどうすれば良いか?どの様な物が不向き?見積もりまでの進め方・・等
まずは本ページ下記まで一読いただき、詳細は TEL・FAX・メールにて問い合わせ下さい



■各種超硬チップ ダイヤモンドチップ 高周波ロー付け参考写真

高周波ロー付写真

↑事前に加熱したいワークを提出いただければ、様々な被加熱ワークに対応可
※適用範囲は予算等により上限があり!



まず、ロー付け(ロウ付)とは:
金属を接合する方法である溶着の一種。接合する部材(母材)よりも融点の低い合金(ろう)を溶かして一種の接着剤として用いる事により、溶接の様に母材自体を溶融させずに複数の部材を接合させることができる。ろうを溶かすための加熱手段には、可燃性ガス等を燃焼させたり、電気ヒーター(炉加熱等)、高周波誘導加熱(IH)を用いる。 主に溶接困難な異種金属同士の接続、非鉄金属の接続等に使用される。


このページに訪問された方は各種超硬&ダイヤモンドチップの高周波ロー付け装置に興味を持たれたからだと思います。
訪問された方のかかえる問題点として、下記の様な事があてはまるのではないでしょうか?


・これまで利用していた外注業者が廃業し、ロウ付けの内製化を検討している。

・ガスロー付けは手作業の為、作業者により品質のバラツキが問題

・職人に頼らず安定した生産を行いたい・・など


これらの問題を解決する弊社高周波ロー付け装置の長所は

■装置の省スペース化が図れる

■作業者に特別な技能が無くても、ボタン一つで再現性のある安定した生産が可能!

■多品種に対応する為の加熱コイル交換もワンタッチで!

■ランニングコストがガスロウ付けの約半分に!

■作業者の負担軽減に貢献する(酷暑対策等)

■ワーク1点ごとに加熱条件等のデータ成績管理が可能(オプション)


などです。
具体的に下記にて説明致します。






■装置の省スペース化が図れる

弊社の高周波ロー付け装置は加熱コイル(ワークコイル)のノウハウにより加熱出力の効率化を図る事で装置を小さくする「省スペース化」に重点を置いています。従来型の高周波ロー付け装置は非常に大きく、冷却装置もクーリングタワー等の据置型が殆どで、設置レイアウトの変更はほぼ不可能でした。
それを下記写真の様に作業昇降台と一体型の台下循環式冷却装置(700w×1200D×820H)の上にタッチパネルによるロー付けプログラム(加熱チャート)を搭載する高周波誘導加熱装置(350w×600D×400H)を設置し、コンパクトな一体式の装置にする事で、キャスター&アジャスターで簡単に設置レイアウトの変更を可能としました。

省スペース1ユニット型高周波誘導加熱装置

↑省スペース1ユニット型高周波誘導加熱(ロー付)装置
(10kW 放射温度計による温度PID制御対応仕様)

20kW仕様 高周波ロー付&焼き嵌め装置

     ↑20kW仕様 高周波ロー付装置
   (更に幅広い(特に大きい)ワーク形状に対応可)




■作業者に特別な技能が無くても、ボタン一つで再現性のある安定した生産が可能!

この装置でロー付けする場合、特別な技能が無くても安定して再現性のある生産を可能としているのは左下写真の加熱プログラム(加熱チャート)です。
加熱出力と時間を3段階まで設定出来、PIHシリーズで10種類、OETシリーズで50種類まで加熱パターンを記憶呼び出し出来ます。
この事により各ワーク専用プログラムを呼び出すだけで誰でも再現性のあるロー付けが可能なのです。


又、タッチパネル内に「取説」を搭載しており、書面の説明書を探さなくてもエラー復帰 等が簡単に行えます。


タッチパネル プログラム運転画面

      ↑タッチパネル プログラム運転画面
画面左中央1~3段階の設定欄が「加熱チャート」
上段:出力 下段:時間

タッチパネル エラー表示取説画面

      ↑タッチパネル エラー表示取説画面
※エラーを検出すると、復帰するための取説が表示する。






■多品種に対応する為の加熱コイル交換もワンタッチで!

ワンタッチクランプ

↑加熱コイルの脱着を容易にする「ワンタッチクランプ」

従来の加熱コイル交換はスパナ等工具が必要で非常に面倒でした。
それをレバー式のクランプにする事で工具いらずで簡単に加熱コイルの交換が出来ます。

もちろん水冷配管脱着もワンタッチカプラーです。





■ランニングコストがガスロウ付けの約半分に!

フランジワーク

↑銅管と真鍮フランジの
ロー付けワーク

高周波ロー付けはイニシャルコストは掛かりますが、ランニングコストはガスロウ付けに比べ大幅に抑える事が出来、生産用途によってはガスロウ付けの約半分程以下になる事が多く、2~3年でイニシャルコストの回収した実例が多くございます!

その一例。某空調メーカーが数年前コスト削減にガスろう付けから高周波ろう付けに変更を考えた時の内容とランニングコスト、イニシャルコストの費用比較の一覧表です






例:右写真のワーク41パイ銅管と真鍮フランジをロー付けする。

ガスロウ付け 高周波ロウ付け(30kW機)
作業者 ●職人型作業者 ●未経験でも可能
1個あたりの加熱時間 ●熟練者で9.5分 ●誰でも1.5分
設備費用(イニシャルコスト) ●約150万円(手作業 治具を含む) ●約650万円
各光熱費〔ランニングコスト〕
個数:1280個/月
シャープガス :170L:44,000¥/月
酸素     :400L:49,000¥/月

合計93,000¥/月
電気代 :17,000¥/月


計17,000¥/月

●ランニングコストの差を計算ガスろう付けから高周波ろう付けに変更した場合
 (個数はガスろう付け時に生産されていた数量1280個/月で計算)


○1個あたりの短縮時間8分x1280個/月=10240分/月→1ヶ月で170時間以上短縮!

○1人あたりの人件費を50円/分で計算 10240分/月x50¥/分=512,000¥/月→1ヶ月で約51万円人件費削減!

○光熱費を93,000¥/月(ガス)-17,000¥/月(電気)=76,000¥/月→1ヶ月で約8万円光熱費削減!


合計でランニングコストが1ヶ月約59万円削減!これをイニシャルコスト返済にあてると、約9ヶ月で回収出来る事になる!!

(注):この比較表はこのワーク条件であてはまるのであって、ワークの大きさ、形状、材質、出力(ワークに合った)、利用方法などにより異なります。詳細が知りたい方はワークテストが必要になります。



この例は極端な例ですがガスろう付けはイニシャルコストが掛からない分ランニングコストが掛かり、高周波ろう付けはその逆です。

高周波ろう付けはロット数が多ければ多いほど、設備投資費を早く回収でき経費も大幅に削減できます。特殊な技術は必要なく、”誰にでも簡単に安定したロー付け”できるわけです。
ガスロー付けから高周波ロー付けに替えるだけでも作業環境はかなり改善されます。





■作業者の負担軽減に貢献する(酷暑対策等)

↑真夏のガスロー付けは作業者の負担が大きい

ここ数年の夏場はまさに酷暑ですね。その中でのガスロー付け作業は作業者への負担が計りしれません。
高周波誘導加熱はその様な「輻射加熱」ではなくワークの自己発熱を利用した加熱の為、空調の効いた屋内でのロー付け作業が可能となり作業者の負担軽減になります。





■ワーク1点ごとに加熱条件等の成績データ管理が可能(オプション)

↑データーロガーにより加熱出力、加熱時間・・等
の各データ取りが可能

お客様から要望があれば各ワークごとにロー付け条件の成績データ管理が可能です。
高周波ロー付け装置に追加でデーターロガーを搭載する事により、生産時の不良の原因を特定するデータを保存する事が可能です。
※お客様と装置仕様詳細打合せが必要です。





●問い合わせ→見積もり→オーダー→納品までの進め方

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当サイトをご覧いただき問い合わせを希望の方は下記をクリック願います。

又、お互い円滑に進められる様、お問い合わせからオーダーを受け製作・納品に至るまでの流れをまとめました。

1:お問い合わせフォーム・TELにてお問い合わせいただく。
  (電話での問い合わせの場合は
チェックシートを用意しているので、事前にチェックいただきお問い合わせ下さい
   →そのほうがスムーズに打ち合わせ出来ますのでご協力願います。)

2:内容を把握し、ご要望に応えられると判断した案件に対しテストピースを弊社へ発送していただく。

3:弊社で事前加熱テスト。指定の加熱温度、加熱タクト、作業性をシミュレーション。

4:弊社でお客様立ち会いのもと、加熱テストを行い、詳細仕様を打ち合わせ後お見積もり

5:オーダー確認後、弊社で装置仕様書(承認図)を作成しお客様の承認次第、製作開始。

6:装置が完成しましたら、弊社にてお客様装置立ち会い確認いただく。

7:お客様装置立ち会いにて装置了承いただきましたら納品。


おおまかな流れはこの様になります。
その他詳細を聞きたい方は


メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。






当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。

このページの先頭へ