装置納入(OET-30K) | 超硬ダイスの高周波焼嵌&ロー付装置

おはようございます。

今回ご紹介する装置は弊社で多くの実績がある「超硬ダイスの高周波焼きバメ&ロー付装置」です。
超硬ダイスの業界は小型ダイス、中 大型ダイスと棲み分けされているらしく、今回は中 大型ダイス製造メーカーへの納入です。
加熱出力は30kWになります。
↑中大型超硬ダイスの高周波焼嵌&ロー付装置(奥側の白い装置が高周波機器を冷却する循環式水冷却装置)

 

この装置は約30年前に弊社が納入した装置が老朽化で新規入替された装置で、下記コイル以外にも様々な既存コイルがあり自己責任で使用したいとの要望でした。

又、従来機はユーザー様でコイルの長さに合わせ調整出来る様設置架台を改造されていて、当初の見積時に想定されてなかった架台前後移動式にして欲しいとの要望に応え試行錯誤して対応した装置です。
※本来はこの設置架台仕様では色々問題点がありお受け出来ないのですが、ユーザー様が以後自己責任で対応する事で製作いたしました。

今回製作した加熱コイル(大きさに差があるコイルに対応出来るのは弊社装置特徴です)

大型超硬ダイスの焼嵌は、バッチ炉等でも対応は可能です。
しかし、炉中加熱の場合の難点として、「加熱に時間が掛かる」「焼嵌の手直しが容易ではない」「ロー付けは出来ない」・・等があります。

しかし、高周波誘導加熱の場合はこの問題に対してメリットがございます。

 

お問い合わせについては下記をクリック!
→TELの場合ここをクリック

→メールの場合ここをクリック


メインHPへは↓をクリック
→@高周波誘導加熱装置.web

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ