問い合わせ | 空調用 銅配管部品 高周波ロウ付け装置 検討の件

おはようございます。

今回は過去、高周波ロウ付けで大抵のエアコン部品では実績がある銅配管部品の高周波ロウ付け装置検討の件です。

ガスロー付けの様に技術を要せず、パートの方でも簡単にロー付けを行いたいとの問い合わせいただいたのは機械商社様でした。
得意分野が畑違いの様でロー付け装置の経験が皆無で具体的な説明が困難と感じ、とりあえずテストピースを複数送っていただく様指示致しました。
テストピースを確認したところ、部品の品質が決して良いとは言えず、ガスロー付けで職人頼りだからこそ辛うじてロー付けできた部品精度でした。
※部品精度が悪い事により、ピンホールによるロー付け不良のリスクが非常に高い!

この部品は高周波ロー付けは可能ですが、これまでの職人頼りのガスロー付け部品精度&形状では誰でも簡単に高周波ロー付けを行うのは非常に困難で今後進める上で下記の点が重要になります。

・誰でも簡単に高周波ロー付けを行うには部品精度が重要で高周波ロー付けにあった部品形状&精度に変更可能か?メーカーの承認を得るのに時間を要する為、導入検討前に事前確認が必要。

・高周波ロー付けの技術指導が必要と考えており、機密保持契約を結び相互の信頼関係の基で進めて行くことが大事である!

などです。

昨今、異業種から参入されその業種の経験が少ない方からの問い合わせが多い様に感じます。
残念ながらその場合、弊社からの製作改善等をあまり理解してもらえず、なかなか設備導入に至らないのです。

 

お問い合わせについては下記をクリック!
→TELの場合ここをクリック

→メールの場合ここをクリック


メインHPへは↓をクリック
→@高周波誘導加熱装置.web

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ