問い合わせ | 超硬チップの高周波ロー付け装置検討について

おはようございます。

今回は問い合わせがあった「長尺超硬チップの高周波ロー付け装置」検討についてです。
用途は切削用ではなく特殊な使用方法で詳しくは申し上げられませんが、依頼者様の製品に使用される1部品の様です。

現在依頼者での主な接続方法として自社で別の方法で超硬チップを接続されているとの事ですが、用途によってはどうしても銀ローでの接続が必要との事で問い合わせされました。

仕様詳細を確認した結果、高周波ロー付けを行うには生産数が少なく、費用対効果が生産数的に合わない案件である事ががわかりました。

たとえ高周波ロー付けに適した案件であっても費用対効果が合わなければビジネスとして成立せず、改めて依頼者様で他の部品のロー付けや販路等を総合的に検討するとの事です。

 

問い合わせはこちら↓
→TELの場合ここをクリック

→メールの場合ここをクリック


メインHPへは↓をクリック
→@高周波誘導加熱装置.web

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ