@高周波誘導加熱装置.web
トップページ 製品案内 導入実例 会社案内 会社地図 お問合せ



エアコン用二方三方弁の高周波ロー付装置
この装置は、エアコン用二方三方弁の高周波ロー付装置用に開発したもので、2ヶ所のステーションを持ち、それぞれ交互に段取りをしながらロー付けを行う省スペース型の装置です。
しかも、二方三方弁の内部Oリングを焼け焦がすことなく“誰でも、どこでも、簡単に!! 作業が出来るよう、新開発の加熱制御設定用操作タッチパネルと手元スイッチで簡単にロー付けが完了します。
加熱チャートは記憶・呼び出しができ、オペレーターは配管位置決め用治具を用いて、二方三方弁とリングロー材及び配管をセットします。次に加熱チャートをタッチパネル上で設定あるいはプリセット番号を選択して呼び出します。あとは、手元スイッチを押すだけで自動的にフラックス、内部窒素ブローしながら加熱ロー付けを行い、最後に冷却エアーブローにて完了。ロー付け終了後、ワーク固定レバーを取り外します。片方のステーションが加熱ロー付けしている間にも、もう一方のステーションで治具へのワークセットの段取りができます。
このように交互に高周波ロー付けが簡単に行えるのがこの装置の特徴です。
       《ロー付け方法・特許登録済》

操作カラータッチパネル      操作カラータッチパネル
加熱チャートは出力、タイマー3段階及びフラックス、内部窒素ブロー及び冷却エアーブローのタイミングの時間設定ができ、さらにこの組合せを各ステーションごとに15種類も記憶、呼び出しができます。
オペレーターはプリセット番号を切替えるだけで、最適な加熱チャートを選択・設定し、ロー付けを自動で行うことができます。又、ロー付装置の取扱い説明・注意事項等を即座に画面にて見ることができ、トラブル時の対応もできるようソフト面での対策も万全です。


2ステーション交互方式ロー付け装置 三方弁加熱ロー付け、治具セット部 二方弁加熱ロー付け、治具セット部
<2ステーション交互方式ロー付け装置> <三方弁加熱ロー付け、治具セット部> <二方弁加熱ロー付け、治具セット部>
    ロー付け加熱チャート参考例
大別 自動加熱モードの設定
1段目 2段目 3段目 時 間
(上)出力 (上)出力 (上)出力 (上)ガス切替
(下)時間 (下)時間 (下)時間 (下)エアーブロー
小径タイプ二方弁
(Φ6.35)
95 90 70 20
40 30 20 30
中径タイプ三方弁
(Φ9.25)
90 80 65 20
40 30 20 30
大径タイプ三方弁
(Φ12.7)
100 90 80 30
70 60 30 30
※1.出力はパーセント単位(%)で設定します。
  2.時間は(表記の数字×0.1)秒となります。
  3.全体のタクト時間は(1段目の加熱時間)+(2段目の
   同左)+(3段目の同左)+(ガス切替時間)+(エアーブロー
   時間)となります。

N2、エアー制御盤




Copyright (C) 2000-2014 OET Corporation All Rights Reserved.