@高周波誘導加熱装置.web
トップページ 製品案内 導入実例 会社案内 会社地図 お問合せ



冷蔵庫内エバポレーターロー付け作業
冷蔵庫内エバポレーターロー付け作業
C.T.加熱部
C.T.加熱部
エバポレーターのロー付け作業
エバポレーターのロー付け作業
 冷蔵庫庫内において、ガスバーナー等の直火式で作業する場合は防火カバー等で遮断する必要があり、手間がかかります。しかし、高周波加熱の場合は、直接加熱の為そのような処理が不必要になり、しかも均一加熱ができます。

 ハンド型高周波誘導加熱装置(PIH-10H)は、国内初の小型・軽量化された製品ですから、冷蔵庫の狭い庫内でも、誰でも安全で簡単にロー付作業ができます。(C.T.加熱部写真参照)

 冷蔵庫エバポレーターのサクションパイプ及びキャピタリパイプのロー付作業は同じワークコイルにて、手元のSWをON-OFFする事で刺しロー付けも簡単に行えます。(下図等参照)


サクションパイプとキャピタリパイプ
サクションパイプとキャピタリパイプ



Copyright (C) 2000-2014 OET Corporation All Rights Reserved.