よくある質問Q&A

目次
Q1:高周波(IH)加熱とガスバーナー・温風加熱との違いは?

Q2:ビニール・樹脂・ゴム・木材は加熱できますか?(高周波誘電加熱、高周波誘導加熱との違い)

Q3:水の乾燥(洗濯の乾燥・・等)に使えますか?

Q4:人体への影響は?

Q5:ワークコイル(加熱コイル部)単体の製作はできますか?

Q6:高周波誘導加熱装置単体の製作はできますか?

Q7:設備設置の届け出は必要ですか?

Q8:輸出仕様に対応しますか?

Q9:他の熱源(温風・通電 等)併用利用はできますか?

Q10:高周波誘導加熱のメリット・デメリットは?




さらに詳しく高周波誘導加熱の特性や詳細情報を知りたい方(利点・欠点・知識・業務内容・・・等)
→こちらをクリック下さい「@高周波誘導加熱装置.web 役立ちブログへ」




その他詳細を聞きたい方は

メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。








Q1:高周波(IH)加熱とガスバーナー・温風加熱との違いは?

A:ガス加熱は、輻射・熱伝導・対流などにより加熱しようとする物体の表面から内部へ加熱が進んでいくのを俗に外部加熱と言います。温風・スチーム加熱も同様です。

一方、高周波(IH)加熱は、高周波磁束により金属内部から自己加熱を起こします。俗に内部加熱になります。
原理詳細については右記をクリック!→●高周波誘導加熱装置の原理について

ガス加熱などの外部加熱は、空気中を介して熱を伝える為、CO2を多く排出します。

一方、高周波加熱は内部加熱の為、ほとんどCO2を排出せず、加熱が早く・クリーンでかつコントロールが容易で必要な所に均一に加熱することができます。




Q2:ビニール・樹脂・ゴム・木材は加熱できますか?(高周波誘電加熱、高周波誘導加熱との違い)

A:高周波誘導加熱ではできません。
よく勘違いされますが、ビニール・樹脂・ゴム 等(非伝導体)の加熱は高周波誘電加熱になります。

ただ、金属を加熱し、その伝導熱での樹脂・ゴム 等(非伝導体)は加熱できます。技術の応用によっては温風 等の加熱よりも、早く・強力な接着が実現出来ます。
詳細はお問い合わせ願います。


高周波誘電加熱・高周波誘導加熱 原理の違いについては→こちらをクリック



Q3:水の乾燥(洗濯の乾燥・・等)に使えますか?

A:被加熱物が金属 等(電気を通す物)であれば可能です。

尚、衣類 等の洗濯物は電気を通しませんので不可になります。




Q4:人体への影響は?

A:100%無いとは言いきれません。
しかし現代人は携帯電話をはじめ、周りは電磁波だらけの中で生活していますよね。
直接 強く高周波電流を受けなければ安全であると言えます。

高周波誘導加熱装置を導入いただいた時に、一通りの設置・使用方法は説明いたします。
大きく使用方法を間違えない限り、安全かつクリーンで、効率良く利用することは出来ます。

ただしMRIと同様、ペースメーカーを付けた方は使用することはできません。




Q5:ワークコイル(加熱コイル部)単体の製作はできますか?

A:弊社が納入した装置では可能です。

ただ、現在主流の半導体式高周波誘導加熱装置の場合、既存のワークコイル(加熱コイル)と大幅に形状が異なるワークコイルを使用すると加熱しない場合がある為、加熱装置本体を調整又は改造を要する場合があります。

理由は、当サイト「装置選択はコイルで決まる」で詳細説明している様に、加熱装置は使用するワークコイル(加熱コイル)に合わせて、オーダーメイドの設計による為です。

弊社は「省エネ・省スペース化・CO2削減」をスローガンとしており、その実現の最大の要因はワークコイル(加熱コイル)形状であり、そのノウハウは高周波メーカーの命と言えます。

もし、他社の高周波誘導加熱装置に使用する場合、弊社のスローガンに反する事になり万が一のトラブル時の責任範囲が明確に出来ない為、製作をお受け出来ない事をご了承願います。



Q6:高周波誘導加熱装置 本体単体の製作はできますか?

A:お受けしておりません。 理由はQ5と同様で、
●ワークコイル(加熱コイル)に合わせて加熱装置を製作する為
●弊社スローガン「省エネ・省スペース化・CO2削減」に反する為
●他社製作のワークコイル(加熱コイル)使用時に、万が一のトラブルの責任範囲が明確に出来ない為

※基本的に、ワークコイル(加熱コイル)・高周波誘導加熱装置本体はセット!とお考え下さい。




Q7:設備設置の届け出は必要ですか?

A:必要です。

出力に関係なく(50w以上)、周波数10kHz以上の高周波電流を利用するものは総務大臣の許可を受ける必要があります。

詳細は、〈各 総合通信局・電波管理部・電波利用環境課〉にお問い合わせ願います。

近畿地区URL:http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/dempa/koushuha/index.html
その他地区 参照:http://www.tele.soumu.go.jp/j/material/commtab1.htm




Q8:輸出仕様に対応しますか?

A:対応しております。

英文の取説を用意致します。
(PIH Dタイプ及びOETシリーズはタッチパネル表示も英文仕様に)

又、詳細仕様(使用国)をご連絡いただければ変圧器 等も準備いたします。

弊社は家電メーカー・自動車メーカー 等で、アジア圏・ヨーロッパなど数々の納入実績がございます。

→主な納入先



Q9:他の熱源(温風・通電 等)併用利用はできますか?

A:できます。
高周波誘導加熱装置にとって利点の一つとも言えます。

Q1での外部加熱・内部加熱の長所・短所をお互い補う事により、単独では到底出来ない加熱タクト短縮が可能になります。

ただ、綿密な計算とテストによるデータの蓄積がなければイニシャルコストの割には効果を発揮しない場合があります。

かなり付加価値の高い案件でなければメリットは無いと考えます。詳細はお問い合わせ願います。




Q10:高周波誘導加熱のメリット・デメリットは?

A:当然あります。
おおまかに下記にまとめました。ご参照下さい。


メリット デメリット
高周波誘導加熱 *誰でも簡単に作業出来る(人を選ばない)

*即高温!(安定した制御が可能)

*環境に優しい。(作業者の負担軽減)

*ランニングコストが安価
*イニシャルコストがかかる

*専用機になる。
(ガス加熱より汎用性が低い)

*冷却装置が必要
ガス加熱
(職人型作業者による加熱)

*比較的イニシャルコストが安価(仕様による)

*汎用性が高い。(作業者の技能による)
*ランニングコストがかかる
*加熱時間がかかる

*作業者の負担大
(技術的に・作業環境など)
さらに詳しくガス加熱と高周波誘導加熱の詳細比較を知りたい方→こちらをクリック




さらに詳しく高周波誘導加熱の特性や詳細情報を知りたい方(利点・欠点・利用事例・Q&A・・・等)

→こちらをクリック下さい「@高周波誘導加熱装置.web 役立ちブログへ」




その他詳細を聞きたい方は

メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。










当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。

このページの先頭へ