高周波ロー付けイメージ画像

ロー付け(ロウ付け)にお困りの方! 特に作業環境改善・誰でも簡単にロー付作業・・等

担当者画像

◆HP担当の松本吉史です。私が判りやすく説明します。
●弊社は産業用製造事業者向けの主に金属の「加熱装置屋」です。

高周波ロー付け装置を導入を検討の際にどうすれば良いか?どの様な物が不向き?見積もりまでの進め方・・等
        まずは下記を一読いただき、詳細は TEL・FAX・メールにて問い合わせ下さい


はじめに、当ページはガス・炉中ロウ付け等から「誰にでも簡単にろう付け」「装置の省スペース化」等が可能な 高周波ロー付けに変更をご検討されている方の為のページです。

これまでのロウ付け方法から 高周波ロウ付けにした事により、「品質の安定・特に暑さによる作業環境の改善・ランニングコスト削減・省スペース化 等」 に貢献してきました。その実績は約20年以上になります。

その一例として、下記に代表的なロウ付け事例を掲載しております。

1:アルミのロウ付けについて

2:空調用ディストリビューターのろう付けについて(銅管+真鍮〔黄銅〕)

3:建機用油圧金具のろう付けについて【ロー付け動画あり!】(鋼材接続、ステンレス接続、鋼材+ステンレス)

4:旋盤の切削などに使用するバイトのチップのろう付けについて(ハイス・超硬+鋼材、ダイヤ+超硬・・等)



さらに下記には、その他の実績(導入実例)、高周波ロー付けに適したワークか?
後処理不要高周波ロー付け専用フラックス・・等について掲載しております。ご参照下さい。


※当ページに興味を持たれた方は最後(一番下)まで参照お願いします。

1:アルミのロウ付けについて

アルミのロー付け加熱前

↑アルミの高周波ロー付け加熱前写真

この写真は空調部品の高周波誘導加熱装置でロウ付けする際の加熱写真です。

アルミのロウ付けは材質の特性上、非常に加熱しにくく又 ロウ材の融点と母材の融点が近く更に加熱しても変色しない事により材質の中では最も困難なロウ付けと言われております。
誰でも簡単にロー付けを出来る様にするには相応のノウハウが必要です。(既存部品では高周波ロー付けに不向きな場合もあり、部品形状・寸法変更を要望する場合がございます。)
アルミの高周波ロー付けに関しての導入実例は下記をクリック。



→アルミニュームの高周波ロー付け装置

→アルミのアキュームレーター高周波ロー付け装置



高周波誘導加熱によるアルミ加熱導入事例写真

↑高周波誘導加熱によるアルミ加熱導入事例集

高周波誘導加熱によるアルミ加熱事例集を掲載!

→高周波誘導加熱によるアルミ加熱事例集(印刷可能です)
メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話・FAXの前に必ず→こちらをクリックして下さい。




2:空調用ディストリビューターのろう付けについて

デスビ(銅+真鍮)ロー付けセット

↑ディストリビュータの高周波ロー付け
ワークセット写真(加熱前写真)

この写真は複数の銅管と真鍮(黄銅)製のベース部品のロウ付けです。
赤丸内がろう付けする部分です。(※白いリングは高周波出力部 加熱コイル)

このろう付けはガスろう付けでは問題点が多く、高周波ロー付けに移行した案件です。
理由は、真鍮は温度を上げ過ぎると溶けやすく、更に真鍮部品内部は小さい穴が何個も繋がっている複雑な形状をしております。
溶けたロウ材を詰まらせず 均一加熱をするにはやはり高度な技術が求められる為人材が限られ、品質を安定させながら生産数の向上は限度がある訳です。
そこで弊社が製作した装置はこの様になります。(下記をクリック)


→空調用ディストリビュータの高周波ロー付け装置


尚、当案件の様に「銅+真鍮」とのロー付けに適した「高周波ロー付け専用 後処理不要
フラックス〔弊社独自〕」を販売しております。
詳細は下記をクリック
※このワークのロウ付けにも使用!

→ロー付け後処理不要 高周波ロー付け専用フラックスについて





3:建機用油圧金具のろう付けについて

↑■ロー付け動画(再生時間:1分31秒)

この動画は建機用油圧金具の高周波ロー付け装置です。
リードタイムの短縮を図る為、ロー付けワークを搬出ローダー(ロボット)により大幅にリードタイムが短縮した装置です。

詳細は下記をクリック願います。


→4頭交互方式高周波ロー付け装置









4:旋盤の切削などに使用するバイトのチップのろう付けについて

バイトチップロー付け加熱

↑バイトのチップ 高周波ロー付け加熱写真

この写真はバイトのチップとシャンクを高周波誘導加熱装置でロウ付けする際の加熱写真です。

数十秒後(ワークにより時間差あり)で右記写真の様に加熱されます。
この様な”必要な部分だけ均一に加熱”は高周波誘導加熱装置の特徴です。
又、高周波ロー付けは非常に加熱効率が良く、輻射熱によるガス加熱に比べ暑さによる作業環境悪化の軽減をする事が出来ます。

特にガスバーナーは汎用性が高いのですが、均一加熱は熟練の技術が必要ですし、
又、夏場のガス加熱は過酷であり、その作業環境下での品質の安定も困難となります。












その他 高周波ロウ付けの導入実例(実績)一覧

※契約上、ここには公開出来ない事例が多数ございます。ご了承願います。


高周波ロー付け実例写真
省スペース型高周波ロー付け装置

↑省スペース型高周波ロー付け装置
(超硬工具、ダイヤ工具、超硬チップ等 )


□ 超硬工具の高周波ロー付け装置

□ ダイヤモンド工具 高周波ロー付け装置

□ 冷蔵庫内エバポレーターの高周波ロー付け装置

□ 放電加工機 電極プラグの高周波ロー付け装置

□ アルミニュームの高周波ロー付け装置

□ デスビ高周波ロー付け装置(交互方式)

□ 4頭交互方式油圧金具の高周波ロー付け装置

□ 2頭式油圧金具の高周波ロー付け装置

□ 昇降式高周波ロー付け装置

□ アルミのアキュームレーター高周波ロー付け装置

□ 二方・三方弁高周波ロー付け装置

□ 空調用ディストリビューターの高周波ロー付け装置

□ S/C圧縮機部品Mシェル&Uシェル高周波ロー付け装置

釘打ち部品のロボットによる高周波ロー付け装置

↑釘打ち部品のロボットによる高周波ロー付け装置

□ 釘打ち部品のロボットによる高周波ロー付け装置

□ 床暖房 給湯用へッダー部品 高周波ロー付け装置
 (交互方式)


□ 給湯器温度センサ金具 高周波ロー付け装置

□ エジェクター高周波ロー付け装置

□ エアコン圧縮機の高周波ロー付け装置

□ 超硬チップ 高周波ロー付け装置

□ 旋盤用(超硬、ハイス)バイトの高周波ロー付け装置

□ 混合水栓 高周波ロー付け装置(交互方式)

□ 超硬ビットの高周波ロー付け装置

□ 発電機巻線の高周波ロー付け装置

その他 多数





ご依頼のワークは高周波ロー付けに適したワーク?

(注)高周波ロー付けをご検討のワークは形状的に適していない事が多くございます。
場合によっては高周波ロー付けに適した部品形状に設計変更を要望する場合がございます。
詳細については下記をクリック!

→高周波誘導加熱で加熱しにくい ワーク形状①

→高周波誘導加熱で加熱しにくい ワーク形状②

※尚、材質・形状・・等によって高周波ロー付けの可否に差がございます。明確に答えを出すにはワークテスト(ロー付けテスト)が必要です。
又、少量生産の場合、高周波ロー付けでは費用対効果が合わない場合がございます。 もし、多品種少量生産にて高周波ロー付け装置の導入を検討される場合は、下記までお問い合わせ願います。






後処理不要高周波ロー付け専用フラックスについて

特に「銅+真鍮」とのロー付けに適した「高周波ロー付け専用 後処理不要フラックス〔弊社独自〕」について詳細は下記をクリック!
→ロー付け後処理不要 高周波ロー付け専用フラックスについて




●問い合わせ→見積もり→オーダー→納品までの進め方

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当サイトをご覧いただき問い合わせを希望の方は下記をクリック願います。

又、お互い円滑に進められる様、お問い合わせからオーダーを受け製作・納品に至るまでの流れをまとめました。

1:お問い合わせフォーム・TELにてお問い合わせいただく。
  (電話での問い合わせの場合は
チェックシートを用意しているので、事前にチェックいただきお問い合わせ下さい
   →そのほうがスムーズに打ち合わせ出来ますのでご協力願います。)

2:内容を把握し、ご要望に応えられると判断した案件に対しテストピースを発送していただく。

3:事前加熱テスト。指定の加熱温度、加熱タクト、作業性をシミュレーション。

4:お客様立ち会いのもと、加熱テスト、詳細仕様を打ち合わせ後お見積もり

5:オーダー確認後、装置仕様書(承認図)を作成し承認いただき次第、製作開始。

6:装置が完成しましたら、弊社にてお客様装置立ち会いいただき確認いただく。

7:お客様装置立ち会いにて了承いただきましたら納品。


おおまかな流れはこの様になります。
その他詳細を聞きたい方は

メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。





当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。



装置の特徴で誰でも簡単ロー付けを可能にする、

加熱チャート(加熱ソフト)、ワークとワークコイル(加熱コイル)の関係については
→こちらへ


このページの先頭へ