はじめに

@高周波誘導加熱装置.web
装置購入の前に、最低限の知識を得ていただく為に(株)オーイーティーが運営する
全国対応の『環境に優しく、主に金属を加熱する装置』の産業用製造事業者向けのオンラインサイトです。

このページでは、
「高周波誘導加熱装置って何?」
「どの様な加熱加工・用途で利用できるの? どの様な加工・用途に不向き?」
「どの様に進めるの?」「なぜこの価格になるの?」「なぜすぐ見積もり出せないのか?」等


という疑問にお答えしたいと思います。
文章が長くなりますがご理解をしていただく為にも一番最後までご覧下さい。


尚、「なぜこの価格になるの?」「なぜすぐ見積もり出せないのか?」の理由をすぐに知りたい方はここをクリック下さい。



高周波誘導加熱装置とは!?

ハンド式高周波加熱による加熱作業

↑ハンド式高周波誘導加熱装置(PIH-10HD)で   
銅管の接続ロー付け作業中(下部:加熱部拡大図)

このページにたどり着いたという方は他社のHPも調べつくしている方が大半だと思います。
ほとんどのHPは「会社案内」と「商品説明」だけで、判断、比較検討が難しいと思います。
比較するとしたら合い見積もりして金額を比較するぐらいでしょうか?
説明も専門用語ばかりで
よく解らん!! というのが本音だと思います。


高周波誘導加熱装置を身近な物に例えるとIHクッキングヒーター(電磁調理器)です。
ご家庭で使用経験がある方は「何故加熱するのだろう!?」と思われた事ないでしょうか?

簡単に言うと
「ワーク(加熱材料)が金属、加熱部と非接触で磁力(高周波磁束)で加熱する現象」と考えて下さい。
(注)IHクッキングヒーターも加熱部とは非接触です。鍋を載せるプレートはあくまで設置台です。


詳しい原理については

『●「高周波誘導加熱装置」の原理について』を参照願います。

高周波誘導加熱装置の利用できる用途

様々な用途で利用されておりますが、約80%は熱処理装置として利用されています。
その他、ロー付け、焼き嵌め、溶着、乾燥、溶解、鍛造、半田付け、・・など応用できるものは多数存在します。

しかし高周波磁束は目には見えず、加熱コイル技術(加熱部)を中心に独自の技術が必要でそのノウハウは用途により異なります。
よって各メーカーはそれぞれ得意分野があります。

弊社は接続技術(ロー付け、溶着、焼き嵌め、半田付け、・・等)に特化しております。
特に高周波ロー付けに関しては数々のパテントを出願及び承認を受けており
高周波誘導加熱の中枢である、加熱コイル(ワークコイル)も弊社で内製しております。このノウハウは他社に負けないと自負しております!
又、弊社では3次元高周波磁束解析を行っており、出来るだけユーザー様にご理解いただける様、発熱分布 等『見える化』を図っております。


高周波磁束3次元解析図

↑高周波磁束3次元解析図




尚、高周波誘導加熱装置は万能ではなく、利用用途・ワーク形状 等により向き不向きがございます。
詳細はお問い合わせ願います。

(お手数お掛けしますがこのページの最後尾まで参照願います)



装置選択はコイル(加熱コイル)で決まる!(当サイトの見積りまでの進め方)

「装置価格」及び「計算では装置出力選定出来ない」理由について

「当サイト進め方」概略図

↑「当サイト進め方」概略図   

ここで弊社の進め方として『装置選択はコイルで決まる!』理由について説明したいと思います。
(「当サイト進め方」概略図も参照)


何故、『すぐに見積もりが出せないのか?』及び『装置価格』についてはお手数ですが、この欄を参照願います。


まず、当サイトへ問い合わせの際、
加熱したいワーク(材質)をどの範囲加熱してどれぐらいの加熱タクト(時間)で行いたい!というご要望が必ずあるかと思います。

その条件に適合出来る機種を選定するには、まず被加熱ワークに合わせ加熱コイル(ワークコイル)の形状を決める必要がございます。
※まず「加熱コイル(ワークコイル)の形状を決める必要」の詳細については→こちらを参照願います。


よって、高周波誘導加熱装置はワークコイル(加熱コイル)形状により回路設計が変わるオーダーメイド(専用機)となり、
例えばアーク溶接機と比べ非常に高価な装置となるのです。
(300万円以上~)

【因みに、IHクッキングヒーター(電磁調理器)はIH用鍋を加熱する専用機】
(注):電磁調理器は産業用に比べ出力が小さく、ワーク(鍋)の負荷一定であり部品が量産出来る為の価格設定です。


そこで、
コイル形状及び装置選定の為に弊社が実施しているのがワークテスト(加熱テスト)です。


お問い合わせフォーム、TELにて事前に打ち合わせをした後、ご要望に応えられる(ビジネスとして成立する)と判断した案件 に対しテストピースを送って頂き事前にシミュレーション、ご足労お掛けしますが、弊社まで出向いて頂き ご要望の加熱が出来るかどうか目視にて確認願うのです。


なぜ、わざわざお客様に来社してもらうか?と言いますと高周波誘導加熱の経験ある方は非常に少なく、双方の見解の相違が無いように 弊社にて自分の目で確認してもらうのがお客様が一番ご理解いただけるからです。

3次元高周波磁束解析&アルミロー付けサーモ画像

↑上:3次元高周波磁束解析
下:アルミロー付けサーモ画像
※アルミは加熱による変色がほとんど無く上記測定機器による確認要

又、よりご理解いただく方法として用途により、3次元高周波磁束解析及びサーモグラフィー(サーモビューアー)、熱電対 等による温度分布(発熱分布)の確認を行っております。


一番重要なのは指定された
お客様のご要望に応える為、作業性を考慮したワークコイル(加熱コイル)を選択(製作)、テストを行い加熱温度、加熱タクトの条件を満たす装置を選択の後、見積もり
という流れになります。

いくら営業マンがカタログ片手にお客様の会社訪問してもお互いに対し意味が無い事をご理解いただけたでしょうか?

高周波誘導加熱コイル各種

↑各種ワークコイル
(加熱コイル)  

よって装置選択は
ワークコイル(加熱コイル)で決まる!
のです。




●問い合わせ→見積もり→オーダー→納品までの進め方

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当サイトをご覧いただき問い合わせを希望の方は下記をクリック願います。

又、お互い円滑に進められる様、お問い合わせからオーダーを受け製作・納品に至るまでの流れをまとめました。

1:お問い合わせフォーム・TELにてお問い合わせいただく。
  (電話での問い合わせの場合は
チェックシートを用意しているので、事前にチェックいただきお問い合わせ下さい
   →そのほうがスムーズに打ち合わせ出来ますのでご協力願います。)

2:内容を把握し、ご要望に応えられると判断した案件に対しテストピースを発送していただく。

3:事前加熱テスト。指定の加熱温度、加熱タクト、作業性をシミュレーション。

4:お客様立ち会いのもと、加熱テスト、詳細仕様を打ち合わせ後お見積もり

5:オーダー確認後、装置仕様書(承認図)を作成し承認いただき次第、製作開始。

6:装置が完成しましたら、弊社にてお客様装置立ち会いいただき確認いただく。

7:お客様装置立ち会いにて了承いただきましたら納品。


おおまかな流れはこの様になります。
ここまで熟読していただいた方は当サイトの「考え・進め方」ご理解していただいたと思います。
ありがとうございました。

まだここには書ききれないノウハウがありますので詳細は下記にてお問い合わせ下さい。

※尚、技術的問い合せに応じるのは基本的に弊社装置を導入いただく手段であり、場合によってはお断りする場合もございます。ご了承願います。

メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。


●もし不明な点がある場合、下記『よくある質問Q&A』へお進み下さい。





当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。






当サイトに興味を持たれた方は
→よくある質問Q&Aへ

このページの先頭へ