高周波焼きバメイメージ画像

圧入から挿入へ!高周波焼き嵌め(焼きバメ)装置について

担当者画像

◆HP担当の松本吉史です。私が判りやすく説明します。
●弊社は産業用製造事業者向けの主に金属の「加熱装置屋」です。

高周波焼き嵌め装置を導入を検討の際にどうすれば良いか?どの様な物が不向き?見積もりまでの進め方・・等
        まずは下記を一読いただき、詳細は TEL・FAX・メールにて問い合わせ下さい


はじめに、これまでの従来型 冷間圧入装置では、圧入精度の向上・省力化・接続力強化 等には限界がございます。

又、焼きバメする際、時間を掛けて炉で加熱した母材ワークが作業に手こずる間に冷めてしまい、焼きバメ失敗して泣かされた経験などございませんでしょうか?
高周波焼嵌装置の場合、形状によっては加熱しながら焼きバメ作業を行う事が可能で、作業途中で冷めても追加熱で焼きバメ作業を再開できます。



当ページは「金属を加熱すると穴径が膨張する特性」を生かし、その他の熱源(ヒートガン、ガス、 炉中・・等)に比べ「必要な部分のみ加熱」、「加熱出力制御が容易」、「安定した品質」、「省力化」、「自動化(例:ロボットによる部品挿入に変更 など)」・・等が容易

高周波焼嵌(焼きバメ)装置についてのページです。


利用される代表例として、「家電、産業電機機器、自動車関係 等 ベアリングの焼きバメ」、「自動車向けピストンピンのコンロッド 焼き嵌め」、「モーター、圧縮機のロータ、シャフト、シェル等の焼嵌」、「超硬ダイス・超硬刃物・超硬工具の焼きバメ」 等・・応用例は多数ございます。

又、巨大な圧入装置からの装置の省スペース化・省力化にも貢献しております。

その実績は約20年以上になります。


その一例として、下記に代表的な焼き嵌め事例を掲載しております。




その他 高周波焼き嵌めの導入実例(実績)一覧

※契約上、ここには公開出来ない事例が多数ございます。ご了承願います。


高周波焼き嵌め実例写真
圧縮機(ロータ&シェル)高周波焼嵌(インサート)装置

↑圧縮機(ロータ&シェル)高周波焼嵌(インサート)装置


□ 自動車用ピストンピンのコンロッド高周波焼嵌(インサート)装置

□ 圧縮機(ロータ&シェル)高周波焼嵌(インサート)装置

□ モータのロータシャフト 高周波焼嵌装置

□ アルミ製エアツール 高周波焼嵌装置

□ 超硬刃物・超硬工具の高周波焼嵌装置

□ 超硬ダイスの高周波焼嵌装置

□ ビデオ部品の高周波焼嵌装置

その他 多数



※当ページに興味を持たれた方は最後まで参照お願いします。

高周波焼き嵌め装置はメリットだけでなく当然デメリットもございます。

それは高周波焼き嵌めはイニシャルコストが掛かり、十分な費用対効果が得られるか!?という点です。 又、他の熱源や工法と比較して高周波焼き嵌めにした事で効果に差がある事を検証する必要がございます。


それを検証して理解いただくのが弊社の「ワークテスト」であり下記の進め方に沿って進めていきます。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 






●問い合わせ→見積もり→オーダー→納品までの進め方

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当サイトをご覧いただき問い合わせを希望の方は下記をクリック願います。

又、お互い円滑に進められる様、お問い合わせからオーダーを受け製作・納品に至るまでの流れをまとめました。

1:お問い合わせフォーム・TELにてお問い合わせいただく。
  (電話での問い合わせの場合は
チェックシートを用意しているので、事前にチェックいただきお問い合わせ下さい
   →そのほうがスムーズに打ち合わせ出来ますのでご協力願います。)

2:内容を把握し、ご要望に応えられると判断した案件に対しテストピースを発送していただく。

3:事前加熱テスト。指定の加熱温度、加熱タクト、作業性をシミュレーション。

4:お客様立ち会いのもと、加熱テスト、詳細仕様を打ち合わせ後お見積もり

5:オーダー確認後、装置仕様書(承認図)を作成し承認いただき次第、製作開始。

6:装置が完成しましたら、弊社にてお客様装置立ち会いいただき確認いただく。

7:お客様装置立ち会いにて了承いただきましたら納品。


おおまかな流れはこの様になります。
その他詳細を聞きたい方は

メールでのお問い合わせの方は→お問い合せフォームへ


お電話の前に必ず→こちらをクリックして下さい。





当ホームページに掲載の一切の情報は著作権法に保護され、著作権は株式会社オーイーティーに帰属します。文章・文章構成・表現内容・文字データ等の転載・転用・模倣は一切禁止いたします。転用の事実が発見された場合は、速やかに担当弁護士が法的手段を取ります。

このページの先頭へ