高周波誘導加熱装置の利点・欠点 利用方法 業務内容などメーカーの立場から様々な情報提供を目的に開設しております。

最新情報

2021年3月1日
業務内容
お問い合わせ | 超硬工具(バイト、チップ等)の高周波ロー付装置 検討の件
おはようございます。 今回の案件は定期的にお問い合わせいただく内容であり、現在の時代背景を象徴される案件でもあります。 この様なロー付け加工はかつて職人の勘によるガスロー付けで多く生産され、中小零細の職人に依頼すれば比較・・・
2021年2月1日
業務内容
問い合わせ | 内燃機関バルブの耐久試験器検討の件
おはようございます。 今回の問い合わせは自動車、トラック、船舶等に使用される内燃機関(エンジン)の混合気(燃料)を吸気、排気させたりするバルブという部品を耐久試験をさせる為の試験器の見積もり依頼です。 試験器の検討案件は・・・
2021年1月18日
業務内容
問い合わせ | 自動車部品カムシャフトの高周波焼嵌装置
おはようございます。 今回の問い合わせ依頼はカムシャフトのタマゴ型のカム部品を、治具に固定しカム部品3箇所を高周波誘導加熱で所定の温度まで同時加熱し、加熱後高周波コイルを動かしカムシャフト本体をカム部品に挿入して効率良く・・・
2020年12月2日
業務内容
問い合わせ | 高周波誘導加熱装置の多用途共用利用について
おはようございます。 今回の問い合わせはイニシャルコストが掛かる高周波誘導加熱装置を、依頼者が複数の用途へ共用利用が可能か?相談された案件です。 詳細内容は、 主な用途は産業用モーターのローター及びステータの組み立てによ・・・
2020年11月6日
利点
お問い合わせ | 高周波誘導加熱による細径SUS管の樹脂硬化加熱
おはようございます。 今回の問い合わせ内容は「高周波誘導加熱による細径(約Φ1mm)SUS管の樹脂硬化加熱です。 線速10m/minで動く全長約10mのSUS管に間欠に封入されている樹脂を非接触で硬化加熱させたいという案・・・

お問い合わせ | 超硬工具(バイト、チップ等)の高周波ロー付装置 検討の件

おはようございます。 今回の案件は定期的にお問い合わせいただく内容であり、現在の時代背景を象徴される案件でもあります。 この様なロー付け加工はかつて職人の勘によるガスロー付けで多く生産され、中小零細の職人に依頼すれば比較・・・

問い合わせ | 内燃機関バルブの耐久試験器検討の件

おはようございます。 今回の問い合わせは自動車、トラック、船舶等に使用される内燃機関(エンジン)の混合気(燃料)を吸気、排気させたりするバルブという部品を耐久試験をさせる為の試験器の見積もり依頼です。 試験器の検討案件は・・・

問い合わせ | 自動車部品カムシャフトの高周波焼嵌装置

おはようございます。 今回の問い合わせ依頼はカムシャフトのタマゴ型のカム部品を、治具に固定しカム部品3箇所を高周波誘導加熱で所定の温度まで同時加熱し、加熱後高周波コイルを動かしカムシャフト本体をカム部品に挿入して効率良く・・・

問い合わせ | 高周波誘導加熱装置の多用途共用利用について

おはようございます。 今回の問い合わせはイニシャルコストが掛かる高周波誘導加熱装置を、依頼者が複数の用途へ共用利用が可能か?相談された案件です。 詳細内容は、 主な用途は産業用モーターのローター及びステータの組み立てによ・・・

お問い合わせ | 高周波誘導加熱による細径SUS管の樹脂硬化加熱

おはようございます。 今回の問い合わせ内容は「高周波誘導加熱による細径(約Φ1mm)SUS管の樹脂硬化加熱です。 線速10m/minで動く全長約10mのSUS管に間欠に封入されている樹脂を非接触で硬化加熱させたいという案・・・

コイル形状&高周波装置機種選定 に加熱テストが必要な訳

おはようございます。 まず、産業用高周波誘導加熱装置は依頼者の要望に合わせ製作するオーダーメイドの装置(専用機)である事をご理解いただきたいのです。次に、各依頼者の利用用途、部品形状、部品材質、加熱温度、加熱タクト、作業・・・

装置納入(OET-10KDー2C) | 混合水栓部品の高周波ロー付装置

おはようございます。 今回ご紹介する装置は、材質が真鍮 銅部品を組み合わせて製作する混合水栓の高周波ロー付装置です。 当初は服飾用高級ハサミ部品を高周波ロー付けする案件で相談されましたが、依頼者の既存業務である各水栓金具・・・

問い合わせ | 調味料のアルミシール封止溶着の件

おはようございます。 今回の問い合わせ内容は、調味料(マヨネーズ)の樹脂ボトルに調味料充填後キャップ内のアルミシールを高周波誘導加熱によるシール封止を検討しているという案件です。 弊社ではこれまで同様の案件での実績はござ・・・

問い合わせ | 現地ボイラー設備メンテナンス用 鋼管の高周波焼抜装置 検討の件

おはようございます。 今回は現地ボイラー設備メンテナンス用 鋼管の焼抜き加熱を高周波誘導加熱で行いたいという案件です。 元々この作業はガス加熱でされており、700℃~1000℃近くに必要な部分のみ加熱させるには、熟練かつ・・・

弊社加熱装置 トラブルの際の対応方法について。

おはようございます。 毎年梅雨の時期から高温多湿になる約3ヶ月間は、高周波誘導加熱装置にとってはトラブルが生じ易い季節です。 それは室温と冷却水の温度差によって生じる「結露」をはじめとする高周波誘導加熱装置のトラブル約9・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ