超硬・ダイヤ工具 ダイス 刃物の高周波ロー付&焼嵌装置 | 高周波誘導加熱(IH)導入実例⑤

おはようございます。

今回も高周波誘導加熱がどの様な用途で利用されているか?導入実例シリーズを紹介したいと思います。
5回目は数々の弊社高周波誘導加熱装置応用機器の中で、リピード機以外で各方面に数多く導入実績がある、「超硬工具 ダイヤモンド工具 超硬ダイス 超硬刃物の高周波ロー付け&焼きバメ装置」です。

一見、異なる用途に思われますが、上記のこれらは、今までの経験の中で、コンパクトな1台の装置で加工を行いたいという要望が多く、ワーク形状的にも比較的共用で加熱させやす各工具メーカー、工具を自作する金型メーカー・・等様々なユーザー様に納入いただきリピードもいただいた装置です。

 

ユーザー様の声として、「レイアウトの変更の際、アジャスターを緩めると自在キャスターにて1人で簡単に移動設置可能なのが重宝する!」との声もいただいております。

詳細については下記をクリック!
→超硬工具 ダイヤ工具 超硬ダイス 超硬刃物の高周波ロー付け&焼嵌装置


省スペース型高周波ロー付け&焼きばめ装置↑省スペース型超硬・ダイヤ工具 ダイス 刃物の高周波ロー付け&焼きバメ装置

 

 

その他応用実例は多数ございます。お問い合わせについては下記をクリック!
→TELの場合ここをクリック

→メールの場合ここをクリック


メインHPへは↓をクリック
→@高周波誘導加熱装置.web

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ